こんにちは。
図解イラストレーター・ゆうみ(@yum1u3u)です。

ブログを見ている方々に向けて、ざっくりと自己紹介をしたいと思います。

活動内容

2019年の4月現在は主に、ブロガーさんやライターさんから受注したイラストを制作したり、

フリーランスで働く人に役立つ情報を図解で発信しています。

イラストを描き始めたきっかけ

ゆうみ
正直、なにが「きっかけ」だったのかは覚えていません。ただ振り返ると、幼稚園の先生がスケッチブックに描いてくれたイラストがすごくうれしくて、
ひたすら真似して描いてた記憶があります。もしかするとそれがきっかけかもしれません。

過去の実績

図解

View this post on Instagram

 

#illustration #イエベ #イエベ秋 #ちふれ #ちふれ744 #ちふれ740 #プチプラコスメ

ゆうみ*図解イラストレーターさん(@yum1u3u)がシェアした投稿 -

イラスト

キシリ徹(@fakecmsongs)の楽曲へ提供

キシリ徹(@fakecmsongs)の楽曲へ提供

田舎フリーランス養成講座について

画像提供

田舎フリーランス養成講座(通称いなフリ)とは、
性別・年齢・経歴がバラバラの受講生たちが田舎に一カ月滞在し、フリーランス体験を行うプログラムです。実際にフリーランスとして活躍する講師・メンターから必要なスキルを学び、実際に仕事を受注しながら講座を進めます。
  • 2019年3月(2/25~3/22)に山梨県都留市で開催のいなフリ(通称つるフリ)に参加。5期生。
  • やりたいこと・できることを肯定してもらえる環境で自信がつく
  • つるフリ終了後、即・会社を辞めてフリーランスに。

私の場合、「好きなことを仕事にしたい」という思いで、
2018年7月に北海道(札幌)から上京した経緯があり、

東京にくれば「もっと好きなことを吸収できる。創作活動もはかどるはず。」と思っていました。

でも朝出勤して、帰宅後はご飯をたべて家事をしたらもう寝る時間という生活は上京しても変わらず
作業時間をうまく作ることができず悩んでいました。

そんな時、Twitterでいなフリを見つけて「これだ!」と直感で確信。すぐに申込をしました。
フリーランスの人たちが、どういう手段で生計を立てているのかを覗いてみたかったのも理由の一つです。

  • きっかけとなった高田ゲンキさんのツイート

今、力を入れていること


(手ごたえを感じたウェルカムボードのお仕事)

現状は友達・知人経由でいただくお仕事が主なので、
ここからはココナラなどのクラウドワークスをつかって受注する段階に入りたいです。

結婚式のウェルカムボードのような、
大切な思い出のお手伝いをさせていただくお仕事にやりがいと手ごたえを感じたので、
クラウドワークスと組み合わせて実績を重ね、企業へ営業するためのポートフォリオを作りたいです。

2019年度(~2020年3月まで)の活動目標

2019年度は「絵本の出版」を目標に動いています。

先の話ですが、ゆくゆくは個人レーベルでyoutubeや絵本などを作成し
子供向けのコンテンツを作りたいと考えていて、

今はそのための収入の土台を作りつつ、
平行して出版に向けた作業をしていくつもりです。

また、いなフリという素晴らしいコミュニティにも出会えたので、
いなフリ界隈で自分の力を試したいという気持ちもあります。

拠点は高円寺と都留

現時点では、高円寺(東京)と都留(山梨)の2つを拠点としています。

高円寺(東京)

  • ブロバースタッフ
  • 5月1日にオープンするブロバーでスタッフとして参加させていただくので、
    そこで出会うブロガーやフリーランスの方とお話させていたいて、自分の視野を広げていきたいです。

    都留(山梨)

    都留は、私にとってなんとなく行き詰ったなと感じたときに足を運ぶ場所です。
    地元を離れて東京で暮らしている私にとって、
    すでに自分のことを知ってくれている人たちがいる場所の存在は、とても心強いものがあります。

    都留はつるフリだけでなく、週末フリーランスいなフリ2.0など開催されるイベントが多いので、
    そのタイミングに合わせて遊びに行くことが多いです。

    以上です。
    ここまで読んでいただきありがとうございました。